恐る恐る利用したはじめての消費者金融

幼い頃から消費者金融などからお金を借りるなと言われ育ったきた自分。
アルバイトも安定しており、お金が不足するなんてことは考えたことがありませんでした。
ところが大学卒業後、経営学部に所属していたこともあり、アベノミクスで儲けようとFX(外国為替)をはじめたことがきっかけで貯金が100万円もなくなってしまいました。

最初は10万円からはじめたものが、「次こそはあたる!」と完全に投資の罠にはまり、気がつけば生活費もなくなるほど投資にお金をまわしてしまっていました。
FXで負けていることやお金がないことを親に相談することもできず、結局、消費者金融にお世話になることにしたのです。
本当に不安でした。

TVドラマではよく怖い人が家までおしかけてくるイメージがあり、また、無人契約機に入っていくところを知り合いには見られたくありません。
でも、実際利用してみるとイメージとは全くことなるものでした。
電話の相手も丁寧な女性の声で、また、メールで身分証を渡せば、指定の口座に振り込んでもらえるので、家から出る必要もありません。

恐る恐る利用したはじめての消費者金融ですが、利用してよかったと思っています。

金融